本当の虐殺、東京大空襲

 昭和20年3月9日22時、警戒警報発令、二機のB29が東京上空に飛来したが房総沖に退去した。しかし、それは日本側を安心させるための策略だった。東京都民が安心した10日、深夜00時、最初の爆弾が投下された。二時間にもわたる地獄の様な爆撃作戦の開始である。
 この日、一機あたり6トンもの爆弾を搭載した344機のB29の大群が、房総半島沖合から単機または数機に分散し、低高度で東京の下町に浸入してきた。
 B29の先発部隊は、江東区墨田区台東区にまたがる40k㎡の周囲に爆弾を投下して火の壁を作り、住民を猛火の中に閉じ込めて退路を断った。その後、逃げ場を失った住民めがけて、約100万発もの油脂焼夷弾、黄燐焼夷弾エレクトロン焼夷弾が容赦なく投下された。
 折から風速30mの強風が吹き荒れて火勢を一層激しいものにし、ファイヤー・ストームが東京を焼き尽くした。火に包まれたのは何の罪も無い一般市民である。女性、子供、老人、皆、一塊の炭と化すまで焼き尽くされた。その数約10万人。(参考:http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/kusyu-kusyu.t.htm
 以下は、先月の産経の記事。
『「いつも同じような文言を読むよりも、思い出しなさい、アメリカはひどいことをしたんだぞ。そういうものを考えて付き合おうじゃないか−と言いたいね」
 石原慎太郎知事が17日の定例会見で激しい言葉で語ったのは、毎年3月10日に追悼式典が実施されている、東京大空襲についてだ。
「日本がもう制空権を失っているときに、B29で強引に絨(じゅう)毯(たん)爆撃した。彼らには耳の痛い話かもしれないが、こっちはたくさんの人がむげに殺されたんだから」
 米軍による複数回の大空襲で、多くの一般の人々が犠牲になった。都は、死者・行方不明者が10万人を超え最悪の被害が出たとされる3月10日を「都平和の日」に定めており、今年も式典を行う。
 東日本大震災1年と重なり風化を懸念する指摘には「思い出すことで、風化させない。大丈夫です」と語った。(2012.2.19 msn産経ニュース)』(http://sankei.jp.msn.com/region/news/120219/tky12021908000000-n1.htm
 ところで、昭和39年、日本政府は、東京大空襲を指揮したカーチス・E・ルメイ将軍に対して勲一等旭日大綬章を贈っている。
 日本は、ありもしない南京大虐殺に遺憾の意を示してきた一方、自国民の虐殺作戦を指揮した将軍には勲章を贈った。
 融通無碍と言おうか、不可思議と言うべきか。己を捨て、全てを超越したような民族の態度とも取れるが、これは歴史を軽視した馬鹿な態度にも見える。馬鹿な態度のツケは、次の世代の日本人へとツケ回しされてゆく。アメリカは東京大空襲に謝罪など一切していない。
 67年目の3月10日。
 日本人よ、目を覚ませ!

(B29は無敵の飛行機では無い。だが日本の守りが足りなかった!)


<1/48九州 J7W1 局地戦闘機 震電 プラモ>


<戦闘機「烈風」ポロシャツ>
三菱 艦上戦闘機 『烈風』 A7M
三菱 艦上戦闘機 『烈風』 A7M

2,416円

爆撃機「Ju287」Tシャツ>
Ju287
Ju287

2,073円

<戦闘機「Me109」マグカップ
Me109
Me109

1,295円



<人気ブログランキング

人気ブログランキングへ



(リンク)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4575.html
http://nihonnococoro.at.webry.info/201203/article_7.html
http://kirayamato-sarainiko.at.webry.info/201203/article_3.html
http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=353
http://ochimusya.at.webry.info/201203/article_3.html