韓国は言論統制国家



 韓国は異常な独裁国家であり、ビック・ブラザーに支配されたジョージ・オーウェルの「一九八四年」の世界と似たようなものだ。それが良く分かるニュースが流された。
『韓国で、親日発言をするコミュニティーやブログを検閲し、制裁を加えるとの発表があったが、とうとう検挙者が出たようだ。
 現地の報道によると、13歳の少年が、自分でコミュニティーサイトを立ち上げ、日本を称える言葉と、韓国国旗の中央をライターのようなもので焦がして穴を開けた写真を掲載した。
■「韓国の経済発展は日本が支えた」
 韓国では2012年8月下旬に放送通信審議委員会が、親日発言をして、韓国を卑下する内容のブログ、コミュニティーなどを制裁することを決めた。同通信委の調査では、12年6月から8月の間だけで計1万9000件以上の「違反」があったという。既に、親日インターネットコミュニティやブログなど9ヶ所に削除や接続遮断などの是正措置を下しているという。
 そうしたなか、複数のメディアが12年9月5日、ネットで親日発言をして韓国を卑下したとして13歳の男子生徒が逮捕されたと報じた。韓国で最大の発行部数を誇る朝鮮日報によれば、インターネットポータルサイト「ネイバー」で、8月15日に「日本帝国敗戦の日を記念して書く文」というタイトルの投稿が見つかった。太極旗を燃やした写真がアップされていて、警察は国旗侮辱罪で検挙に動き出したと書いている。国旗侮辱罪は、刑法上、5年以下の懲役や禁固、700万ウォン以下の罰金刑に処されるという。
 問題となった投稿を見てみると、まず、国旗中央の一部が、ライターで焼かれたように焦げ、穴が開いている。掲載された文章には、「自分は売国奴ではなく、純粋に日本を助けたいと思う親日家だ」と書かれている。このコミュニティーには、「竹島は日本の領土」「韓国の経済発展は日本が支えた」などと書き込まれていた。韓国では少年の逮捕は当然だとし、ネットの掲示板などに、「国家機構のために殴り殺せ」「親は子供をつれて日本に亡命しろ」といった反応が出ていると紹介する韓国メディアもある。
■過去に親日活動をした韓国人を検索するアプリ登場
 日本ではこうした報道に対し、
「言論封鎖も甚だしいな。先進国か?これ」
「こういう国なんだよな。日本と変わらないような自由主義に見えるけど、内面的には中国のような国なのかも」といった意見がネットの掲示板やブログに出ている。
 韓国では親日派の韓国人を捜索する動きが急になっていて、今回の事件は親日派一掃のための始まりではないか、といった見方が日本のネットにはある。韓国の有力紙、中央日報が電子版(12年8月29日)で紹介したのは、新発売されたスマートフォンアプリ「親日派スマートフォン検索」。過去に親日活動をした韓国人を検索でき、さらに、日本に抗って独立運動をした人々の話をもっと世の中に広めようという狙いで開発された。記事には、「誰が民族を愛し、誰が裏切ったのか、国民が正しく判断する契機になるだろう」と書かれている。(J-CASTニュース 9月7日)』(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120907-00000007-jct-soci

 やな国だねー。13歳の中学生が全く正しい「真実」を表現をしただけで検挙?、これで民主主義国や、先進国の顔をして、「日本は歴史を歪曲している、幼稚な国」(http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1347095331/)なんて言って、日本批判してるんだから本当に笑わせる。
 支那もそうだが、自由な言論の無い国家の世論に配慮する必要なんて全く無いよ。何故って、それは世論ではなく、単に、その国の指導者の意見に過ぎないから。
 そういう国の世論がいくら沸騰しようとも、気にしてはならない。
 こちらはその国の政府に様々な圧力をかけて、国内の世論を変えろ、さもなくば○○するぞ!、と言い続ければいいだけ。
 ところが、日本政府はこんな単純なこともできない。
 日本の外務省は赤ちゃんなのか?
 韓国の世論が沸騰したら、韓国に配慮、支那の世論が沸騰したら支那に配慮・・・・は?、馬鹿じゃないの!?
 相手は言論統制国家なんだから、世論なんていかようにも加工できるんだよ。そんな国の世論に配慮して、日本の立場曲げてたらダメでしょ。わかるよね、この理屈?
 支那、韓国、北朝鮮、ロシア、この辺の言論統制された国々の世論に配慮する必要は全く無い。あり得ない!




核武装マグカップ
核武装C
核武装C

1,295円



<一九八四年(新訳版)   文庫>



<韓国マスコミは自国を批判してみろ、バーカ!、クリック宜しく。m(_ _)m>

人気ブログランキングへ



(リンク)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4785.html