支那が再度のレーダー照射を警告



 中国軍少将が、人民日報で再びレーダー照射をすると予告しているという。
『中国が再度のレーダー照射を“予告”してきた。人民解放軍系学術団体に所属する少将が機関紙に寄稿し、東シナ海で日本の艦船へ射撃管制用レーダーを照射した上で「危険な行動に出れば断固として自衛する」と主張したのだ。日本側がしかけたとの口実作りに向けた挑発行為のエスカレートに、自衛隊は警戒を強めている。
 問題の寄稿文を書いたのは、人民解放軍系の学術団体「中国軍事科学学会」の副秘書長、羅援少将。18日付の共産党機関紙「人民日報」(海外版)に掲載された。羅氏は、東シナ海で日本の艦船などが警告に従わずに中国の艦船を追跡したという架空のシナリオを想定。その際には「射撃管制用レーダーを照射し、危険な行動に出れば断固として自衛する」と持論を展開した。
 またもレーダー照射を行うというわけだが、この少将に「再び」という認識はない。1月30日、中国海軍の艦船が、約3キロ離れた海上自衛隊護衛艦に射撃管制用レーダーを照射したことに対し、「(3キロは)肉眼で見える範囲内で、レーダー照射の必要はない」と照射そのものがなかったなどと詭弁を弄し、「アメリカ人もこのデタラメを信じるなら物笑いになる」とまで言い放った。
 日本側の自衛行為である防空識別圏設定や警告射撃に対しては、「日本人の特権ではない」と指摘。自衛隊海上保安庁の監視活動を「偵察」と決めつけ、偶発的な武力衝突が発生すれば「責任は間違いなく日本側にある」と、身勝手な主張を続けている。
 日本の監視活動を愚弄する許し難い内容だが、自衛隊関係者は自制、自重を促す。
 「米国が[尖閣日米安保の適用対象]との姿勢である限り、中国は自ら攻撃をしかけられない。日本が先制攻撃をしたような状況を作り、米軍が援軍にこないようにもくろんでいる。中国は今回の寄稿文などあらゆる手段で挑発を繰り返すだろう。根比べには負けてはならない」
 監視の目はしっかり光らせつつも、慎重かつ冷静な対応が求められる。(2013.02.19 zakzak)』(http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130219/frn1302191140002-n1.htm

 反省したり、事実関係を究明することもなく、ただ相手に責任を擦り付け、詭弁を弄する支那人。更には相手を挑発し、脅しもする。これは、毒入りギョーザ事件などの時に「我々こそ被害者、損害賠償を請求する」と開き直って見せたギョーザ製造工場の支那人役員の態度と同じである(http://05448081.at.webry.info/201003/article_55.html)。
 もっと遡ると、支那事変(日中戦争)の頃の支那人も同じだったであろう。支那事変は、支那が一方的に支那に居た日本軍や日本人を攻撃して継続、拡大させた戦争だった(http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4930.html)。しかし、支那の国際的なウソ宣伝のせいで、日本軍が悪者にされていったのである。
 今回のレーダー照射事件にしても、もし米国が支那側についていたら、日本は何も悪くないのに、米国と支那の両方から日本が悪いように宣伝されていた事だろう。そして世界は、日本を疑わしいと見なし、米国と支那の主張を真実と受け取ることになったろう。支那事変の頃に起きていた現象は、正にそういう現象である。当時の米国は、あからさまに支那を支援していた。
 未だに東京裁判史観がこびりついて頭から離れない人は、現在の支那人の行動パターンを戦前に当てはめ、もう一度、支那事変を見直して見る作業をすると良い。支那人の行動パターンは当時も今も変わらないのだ。そうすると、東京裁判、および左翼系の知識人によって描かれた、戦前日本の戦争に至る経緯が、まるで出鱈目である事が良く見えてくるだろう。そして当時の日本人も、今の日本人と、左程違わない人間である事がわかるはずだ。
 東京裁判史観では、何故、日本が戦争に突入していったのか、日本人の心情を想像することができない。当時の日本人が我々とまるで違った人種のようであり、何故、戦争になったのか、どう考えても腑に落ちない部分が残る。だが、一度、東京裁判史観を全て捨て去り、今の支那人の行動パターンを元にして、自分なりに歴史を解釈しなおせば、真実が見えてくる。当時の日本人は、約束を守らず、ウソ宣伝を繰り広げる支那の戦略に翻弄され、絶えず挑発を受けながら、国際的にも日本の立場が全く理解されず孤立したまま、八方ふさがりの状態で、やむなく戦争を強要されたのである。
 支那人とはどういうものか、それを良く見極めた上で、支那事変を見直して見る。そうすると、教科書では分からない事がいろいろと見えて来るはずである。日本人は、今一度、詐術を弄し世界を騙す支那人の性格を良く理解した上で、過去の歴史を見直し、教科書を書き直す必要があるであろう。




<「日中戦争」は侵略ではなかった     単行本>



<日本は東京裁判史観を捨てろ!、クリック宜しく。 m(_ _)m>

人気ブログランキングへ



(リンク)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4974.html