ソ連軍が日本の核施設を占拠??



 ボイス・オブ・ロシアでは、たまに意味不明の記事が報じられる事があるが、これもその一つ。
『1945年8月、ソ連軍の参戦によって、日本軍が米国に核兵器を使用する可能性が排除された。
 1945年8月9日、米国・英国との協定に基づき、ソ連が対日戦争に参加した。11日、太平洋艦隊およびソ連陸軍が清津港・元山港占領作戦を開始した。両港の間には咸興(ハムフン)という港町があった。日本軍はそこで密かに核開発を進めていた。ソ連軍に研究施設を占拠されることを危惧した将校らは12日、巨大な金属のコンテナーで核弾頭のサンプルを運び出し、小型の船艇に載せて漕ぎ出し、沖に出ると間もなく点火、もろとも爆破した。巨大な爆発であった。直径1kmの火球が天空に燃えたあと、巨大なきのこ雲が騰がった。米機B-29が投下した広島原爆と同程度の威力の爆弾であった。「祖国」作戦の一環で米軍に対して使用される予定であった。しかし、投下され、炸裂することはなかった。いわばソ連が米国を日本の核攻撃から救ったのである。(13.06.2013 ロシアの声)』(http://japanese.ruvr.ru/2013_06_13/115687091/

 これもまた、壮絶な妄想記事だ。どうやら、大東亜戦争末期、日本が朝鮮半島で原爆を完成させており、日本軍による原爆使用を、ソ連(ロシア)の参戦が防いだと言いたいらしい。しかし・・・原爆持ってたら戦争負けてねーよ!!!
 この話の元ネタについて[韓vs日「偽史ワールド」]という本で触れていたのを読んだ事があるのだが、それによると最初、アメリカ人の歴史家(?)が「日本が戦争中に朝鮮半島で原爆を完成させた」と発表し、韓国では広く信じられている話だという。その話が、今度はロシアに伝わったのだろう。しかし、ここまで来るとSFのレベルに到達している記事だね。こんなデタラメを、どんどん垂れ流されたら堪んないね!
 良く、日本は、慰安婦問題や南京事件で、歴史修正主義だとか言われて国際社会から叩かれるけれど、熱心に修正してんのは、連合国やら支那、朝鮮の方なんだよね。
 ロシアは、例えば、日本人捕虜シベリア強制労働犠牲者数を戦後一貫して減らし続けている。支那南京事件を捏造し、その犠牲者数を増やし続けている。韓国では慰安婦問題が捏造され、犠牲者数が途方もない数に・・・。
 そしてアメリカだって支那や韓国に便乗して、原爆投下や都市爆撃を正当化しつづけ、東京裁判による歴史の罪を日本に一方的に押し付けて来る。
 どいつもこいつも、日本を断罪する連中の言ってることは大抵言い掛かりだよ!、あと何十年かしたら、正しい歴史なんてなくなるかも。大変だよ。
 あと、付け加えると、ソ連の対日参戦、ソ連軍による満州北方領土侵攻は中立条約無視、国際法違反であり、ソ連兵はレイプや虐殺など数え切れないほどの戦争犯罪を行なった!、それは絶対に正当化できない!



<韓vs日「偽史ワールド」    単行本>



<歴史捏造ヤメロ!、クリック宜しくお願いします。 m(_ _)m>

人気ブログランキングへ



(リンク)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5097.html