許されない孫社長の欺瞞


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!
 ソフトバンクの誤登録問題に関し、問題が発表される一日前の発表会で、孫社長が「重大事故」が無い事をアピールしていた事が分かった。
ソフトバンクモバイルが携帯電話を分割払いで購入した顧客のうち約6万3千人に対し、実際には代金を支払っているのに信用情報機関に「滞納」の誤登録情報を送信していた問題は、通信事業者が順守すべき「安心・安全な通信サービス」を揺るがす問題となる。総務省は「業界では初めての問題。利用者への影響は大きい」と注視している。
 「重大な通信障害を起こしていないのはソフトバンクだけだ」
 ソフトバンク孫正義社長は9月30日、冬春商戦向け新型スマートフォン(高機能携帯電話)発表会で、他社の通信障害の事例をあげつらい、850日間も重大事故がないと説明した。総務省が規定する「重大事故」は通信サービス停止が2時間以上継続し、かつ3万人以上に影響を及ぼした場合を指す。
 今月1日に発表されたソフトバンクの誤登録問題は、通信障害ではないが、まれにみる“重大な事故”だ。
 誤登録された約1万6800人には、カード会社や金融機関から信用情報機関に登録内容の照会があり、クレジットカードが発行できないなどの被害がでる恐れがある。
 ブラックリストと呼ばれる滞納者の履歴は、個人の信用情報を傷つけ、単なる通信障害よりも社会的な影響は大きい。誤登録の発表を翌日に控え、「重大事故はない」とうそぶいた姿勢は孫社長の経営者としての信用も毀損(きそん)しかねない。(2013.10.3 msn産経ニュース)』(http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131003/biz13100300370000-n1.htm

 在日朝鮮人優遇や反日CMなどの問題で良く知られているソフトバンクhttp://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5044.html)。その経営姿勢には疑問を感じさせる部分が多いが、今回の孫社長の無事故アピールにも疑問を感じざるを得ない。
 誤登録問題がマスコミに発表されたのが10月1日。事故のマスコミ発表という重大な出来事なのだから、社内では発表までに事実関係の調査や発表内容の精査など、周到な準備をした筈だ。
 それについて、勿論、孫社長も漏らさず知っていただろう。何も知らなかったとしたら、それこそ経営者失格だ。
 という事は、即ち9月30日のスマホ発表会の時点で、孫社長は重大な誤登録問題の詳細を、既に熟知していた事になる。それなのに、事故が無いソフトバンクなどと、良くも抜け抜けと嘘をアピール出来たものだ。
 何も知らない一介の現場セールスマンでは無いのである。全てを知り得る立場の人間が、事故の存在を知りながら、それを隠して、事故発表の一日前に事故が無いとアピールしている。その厚顔無恥
 この態度には、率直に言って、欠陥があると知りながら、欠陥住宅を売り抜けようとする詐欺経営者の心性と同じ様な物を感じる。嘘を吐いて恥じる事の無い心情。やはり、この経営者は曲者だ。騙されないよう、注意が必要だ。



内部告発 ソフトバンク・歪んだ経営     単行本>



ソフトバンクは信用できない!、クリック宜しく。 m(_ _)m>

人気ブログランキングへ



(リンク)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5216.html