iPhoneで盗聴される


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!
 スノーデンの暴露によると、iPhoneは電源を切っても盗聴されるという。
『英国メディアの10日付の報道によると、エドワード・スノーデン元NSA(米国国家安全保障局)職員は「iPhoneの電源を切っても、NSAの職員がマイクを通じて盗聴することができる」と示した。スノーデン氏が暴露した情報は専門家に実証された。
 スノーデン氏によると、米国家安全保障局と英国政府通信本部(GCHQ)が共同で新技術を開発してきた。この技術で利用者が何も知らない情況の下、電源を切っても、マイクを通じて関係情報を盗聴することができるという。
 米国ロサンゼルスのハードウェアエンジニアのマイク・ターナー氏が「ある技術を利用すれば、iPhoneをあたかも電源が切れているかのように見せかけ、実際は省電力モードの状態にすることで、ユーザーが知らず知らずのうちに盗聴・監視されているという状態を作り出すことができる。そのような状態の時にiPhoneのディスプレイ表示は当然オフ表示になっており、ボタンも反応しないため、ユーザーにとってはなかなかその盗聴・監視モードに入っていることに気付かない」と語った。
 セキュリティの専門家で顧問のグレアム氏によると、NSAはこの技術をアプリをインストールする形でiPhoneに埋め込むことができる。このような技術はインターネットまたは携帯電話を通じて活用されることができるという。(2014年06月12日 新華ニュース)』(http://www.xinhuaxia.jp/social/37558
 これ、或いは、知ってる人は知ってる話なのかもしれない。というのも、以前、家庭用電話は受話器が置かれた状態のままでも盗聴できると聞いたことがあるからだ。
 全く、こういうのは油断も隙もないね。そして当然だけど、iPhone内臓GPS機能で居場所とかも簡単に特定できちゃうんだよね。こうなるとスパイを持ち歩いているようなものだな。
 仮に自分が携帯端末を持ち歩いていなくとも、今時、近くに居る人の誰かは、必ず何らかの携帯端末を持っている。隣に座っている人の携帯端末をNSAにハッキングされて会話を盗聴されるとか、映画みたいな事も本当に出来るのだろう!
 おっとっと、今使っている目の前のPCだって、当然盗聴に使える。カメラが付いていれば、顔写真や部屋の様子も盗撮されているかも知れない。
 尤も、詳しく調査するのは、それだけの価値があると看做された人物に対してだけだろうけどね・・・。でも想像するに新風の鈴木代表や幹部の方などは、恐らく監視対象として米国(そして中韓も)からマークされていると思うから、気を付けて欲しいものである。
 


<スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実   単行本>



<人の会話、勝手に盗聴すんな!、クリック宜しくお願いします。 m(_ _)m>

人気ブログランキングへ



(リンク)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5481.html