滅茶苦茶な「正義」


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!
 シリアを巡り、アメリカがアルカイダに弾薬を提供したとAFPが報道。
『米国防総省は25日、米軍などが訓練したシリア反体制派の戦闘員が、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系の武装組織「アルヌスラ戦線(Al-Nusra Front)」に、支配地域を無事に通行させてもらう見返りとして弾薬などを引き渡していたと明らかにした。
国防総省は先に、米国などが訓練した戦闘員の一部が離反したり装備を敵に渡したりしているという報道を否定していた。それとは対照的な今回の発表は衝撃的だ。
国防総省のジェフ・デービス(Jeff Davis)報道官は、「残念ながら、新シリア軍(New Syrian Forces、NSF)がピックアップトラック6台と弾薬の一部をアルヌスラ戦線と思われる相手に提供したと述べていることを本日、把握した」と述べた。
また、イラクとシリアにおけるイスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」の掃討作戦を監督している米中央軍(US Central Command)のパトリック・ライダー(Patrick Ryder)報道官も、新シリア軍の戦闘員らがアルヌスラ戦線の活動地域の安全な通行と引き換えに装備を引き渡していたと明らかにした。ライダー報道官によると、新シリア軍がアルヌスラ戦線に渡したピックアップトラックと弾薬は、米国主導の有志連合から支給された装備の約25%に当たるという。
AFPの取材に応じた国防総省関係者は、新シリア軍側は今のところ離反者は出ていないと話しているが「われわれが知っているのは彼らが伝えてきたことだけだ」と強調した。
今回の事態は、シリアでISと戦うため穏健派のシリア人戦闘員を「訓練し、装備を与える」という米国の取り組みにとって逆風だが、こうした事態は初めてではない。
当初の計画では5億ドル(約600億円)をかけて、毎年約5400人のシリア反体制派の戦闘員を3年間にわたって育成することになっていたが、訓練にふさわしい対象者を見つけるのが難しく、実際に訓練を受けた人数は計画をはるかに下回っている。
最初に訓練プログラムを終えた54人は、今年7月にアルヌスラ戦線の攻撃を受け、少なくとも1人が死亡した。国防総省は54人の身に何が起きたのか、十分に把握していない。
第2陣の約70人は先週末シリアに送られたが、その直後から戦闘員の離反や、他勢力への装備の引き渡しなどの情報がツイッターTwitter)で流れていた。(2015年09月26日 AFP)』(http://www.afpbb.com/articles/-/3061310
 アメリカってアルカイダと戦ってたよね?


 まあ、ネットではアルカイダアメリカが作ったと昔から言われてるが・・・(http://wpb.shueisha.co.jp/2015/02/02/42924/)。
 もうなりふり構わずと言う事か。
 アサド憎しのアメリカにとって、今はシリア政府に敵対する勢力なら何でも「正義」になる。アメリカの主張する「正義」など、所詮、その程度のものなのだ。
 一方でロシアのプーチンは、シリアのアサド政権側に戦闘機を供与した。位置通報装置を切断し、場所が特定されないよう密かに移動させたという(http://www.cnn.co.jp/world/35071005.html)。この戦闘機供与は、ロシアにとっての「正義」である。
プーチン大統領:あそこには通常の合法的な軍隊は一つしかない。シリアのアサド大統領の軍隊だ。我々の国際的なパートナーたちの一部の解釈では、それと戦っているのは反体制派である。しかし本当は、実際には、現実には、アサド軍はテロ組織と戦っているのだ。』(http://jp.sputniknews.com/politics/20150927/961167.html
 プーチンの言うテロ組織に武器を提供しているのはアメリカだ。だがオバマは言う。『シリアのアサド大統領は独裁者である』(http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM28H9D_Y5A920C1FF8000/と。
 現在行われている国連総会でシリアが議題になっているが、国連というのは連合国の事だ。そして日本は70年前、連合軍と戦っていた。アメリカもロシアも、当時は互いに同盟国で連合軍側だった。
 その連合軍に敗れた日本は、東京裁判で裁かれ「悪」の烙印を押されたのである。先般の安倍談話でも示されたように、我が国は未だに「悪」の侵略国であったという立場を受け入れている(http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-2942.html)。
 けれども今、シリアを巡り米ロは国連で互いに対立した「正義」を主張している。つまり、連合国の主張する「正義」など、所詮、その程度のものであると、日本人は、よくよく再認識する必要がある。
 絶対的なものでは無いのだ。
 70年前の戦争について、今の日本人が、連合国が力で押し付けた「正義と悪」に関する歴史的な見方を受け入れねばならない理由はどこにも無い。日本は、ただ軍事的に敗北しただけ。
 日本には、日本人の「正義」があるのだ。

 
<教科書が絶対に教えない東京裁判    単行本>


<連合国の「正義」は欺瞞だ!、クリック宜しくお願いします。 m(_ _)m>

人気ブログランキングへ


(リンク)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5970.html