ヒトDNA入りホットドック?


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!
 アメリカでホットドッグの14.4%から表示外の肉が検出、人間のDNAも2.0%含まれていたという。
アメリカで販売されているホットドッグ。日本にも多くが輸入されているが、その製品には表示されていない食材が混入されている場合があり、人間のDNAが2.0%含まれているケースもあることが発表された。
■14.4%のホットドッグから代用肉を検出
 この調査を行ったのは、食べ物を専門的に分析しているClear Foodという会社。彼らは75メーカーが作る375種類のホットドッグを分析。
 その結果、14.4%の商品に表示されていない食材が代用肉として加えられ、さらに衛生的にも非常に問題のあることが明らかとなった。
ベジタリアン向けの製品にも肉が混入
 詳しく見ると、まず大豆などで作られたベジタリアン向けの商品のうち、10.0%に肉が含まれていることが判明。
 また代用肉として加えられている例では、10サンプルに鶏肉、4サンプルに牛肉、3サンプルにターキー(七面鳥の肉)、2サンプルにラム(羊肉)が、表示されていないにも関わらず混入していた。
 さらに分析した商品のうち3.0%が、表示しないまま豚肉を使用していたという。
■サンプルのうち2.0%に人間のDNA
 DNA解析を行った結果では、サンプルのうち2.0%に人間のDNAの痕跡が含まれていることが発覚。しかもベジタリアン向けの製品は最も影響を受けており、サンプルの約3分の2に人のDNAに対する陽性反応が確認された。
 ただしこれは人間の体の一部が挽かれて肉に紛れ込んだものではなく、人の髪の毛や唾液などが誤って混入された可能性が高いという。それでも衛生的には問題だ。
 豚肉を代用品として使うのは、特に宗教的に摂取が禁じられている人々を裏切ることなる。日本でもこのようなことが起こらないために、品質管理を徹底していただきたい。(2015年10月27日 IRORIO)』(http://irorio.jp/daikohkai/20151027/271002/
 気持ち悪いなあ・・・。


 入っていたヒトDNAの由来は、人肉ではなく、不用意に混入した毛髪や唾液の可能性が高いと説明されているが、そんなのが入ってちゃまずいだろ!
 アメリカのことだから、マフィアみたいな犯罪組織がバラした死体の処分に困って加工肉に混ぜて処分しちゃった・・・みたいな話を想像してたのだが・・・。そういう事例も無いとは言えないだろうね。
 これが中国だったら、もっと大量にヒトDNAが見つかるんだろうな(http://d.hatena.ne.jp/NOFNOF/20121120/1353419714)。人肉だったら、まだましな方かも知れない。少なくとも、食べて害は無い・・・、中国では食べられない偽食品も流通しているから。先日は、ミルクティーに入っていたタピオカが、靴皮や古タイヤから作られた偽食品という話題もあった(http://news.livedoor.com/article/detail/10751488/)。
 加工食品は、信じられないね。
 日本ではクズ肉を使ったミートホープ事件が騒がれた事があったが、グローバル化した現在、ミートホープの奇跡のハイ・テクノロジーhttp://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%97)は全世界に拡散し、中国はじめ低開発国で更に応用開発が急加速して蔓延しているような気がする。
 今や、食べ物がどうやって作られているか、完全にブラックボックスになっていて見えないのである。
 新自由主義者の作り上げた世界は恐ろしい。
 地球上には、倫理観の無い山賊みたいな連中も沢山居るのに、そういう山賊達の「犯罪=ビジネス」を、世界市場が「世界共通基準・自由な貿易」の美名の下、半ば強制的に受け入れさせられている。
 だから食べ物の流通がグローバル化している今の時代、何食わされているか分かったものじゃない。日本にある外食産業だって、原料については相当怪しいぞ(http://d.hatena.ne.jp/NOFNOF/20140723/1406072009)。
 加工食品は避けて、どうやって作られたか分かるものしか口にしない。
 そういう心がけが、益々必要だ。

 
<加工食品には秘密がある     単行本>


地産地消を心がけよう!、クリック宜しくお願いします。 m(_ _)m>

人気ブログランキングへ


(リンク)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6016.html