LINEで梅毒!


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!
 近年、梅毒患者が急激に増加しているという。
『今年の梅毒患者の数が、感染症法で届け出が義務づけられた1999年以降で初めて2千人を超えたことが、国立感染症研究所のまとめでわかった。10月28日時点で2037人。特に若い女性で増えているという。妊娠中に感染すると死産や胎児に障害が起きる可能性があり、厚生労働省は注意を呼びかけている。
 梅毒は、主に性的接触で病原体の細菌が感染し、陰部などにしこりや潰瘍(かいよう)ができる。抗菌薬で治療できるが、放置すると全身に発疹ができ、重症化し死亡することもあるという。
 年間患者数は67年の約1万1千人をピークに減少。2001〜05年は500人台で推移していたが、最近は13年1228人、14年1671人と増加傾向にある。今年は男性が1463人、女性が574人。女性は10年の124人の約5倍になり、男性より増え方が著しかった。今年の女性患者の76%は15〜35歳だった。
 厚労省は「リスクの高い不特定多数との性的接触は避け、コンドームを適切に使用して欲しい」と呼びかけている。(2015年11月28日 朝日新聞デジタル)』(http://www.asahi.com/articles/ASHCX32B0HCXUBQU00M.html
 特に若い女性で梅毒の急激な増加!


 一体何があったのか?
 増加し始めた年代を見ると2013年頃からだ。それまでほぼ一定に推移していた感染者数が、急激に増え始めたのだ。
 この特異的変化の原因は何か?
 梅毒が変化した訳ではない。
 では何故急に?
 この2013年という年に、ピンと来るものがある。この年、「コミュニティサイト」での出会いをきっかけに起きる事件と被害児童数が、減少から増加に転じた(http://www.so-net.ne.jp/security/news/newstopics_201404.html)。
 事件増加の理由に、警察庁は「無料通話アプリのIDを交換する掲示板に起因する犯罪被害」の増加を挙げている。


 前掲リンク先のレポートでは、無料通話アプリとしてもっとも子どもたちに利用されているのはLINEであり、そのID交換によって見知らぬ者同士が出会う機会が増えたことが事件増加の背後に理由としてあると指摘している。
 即ち、梅毒の増加も、恐らくそれと全く同じ原因だと考えて良いだろう。LINEによって見知らぬ若者同士が出会う機会が増えたのだから。
 LINE株式会社は、韓国ネイバー社の100%子会社である。
 恐らく、この韓国資本の宜しくないツールによって、犯罪や梅毒が増えている可能性が大きいのである。
 子供や若者などのLINE使用について、我が国社会は、もっと強く問題意識を持つべきではないだろうか?

 
<梅毒の歴史       単行本 >


<LINEの弊害を知ろう!、クリック宜しくお願いします。 m(_ _)m>

人気ブログランキングへ


(リンク)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6038.html
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-2953.html