日本は反日テロリズムの標的


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!
 靖国爆破テロ容疑者が再び日本へ入国して捕まったことについて、裏で韓国政府が「手を打った」のではないか、との観測が出ている。
韓国籍の人物が日本国内で事件を起こし、容疑者として特定され、韓国に帰国した場合、日本の警察当局は、日韓犯罪人引き渡し条約に基づく身柄の引き渡しの要請を行うことになる。
 だが、韓国司法当局が容疑者引き渡しの例外となる「政治犯」と認定すれば、条約上、無条件で引き渡しを拒否できる。
 実際に、靖国神社の神社の門に放火したとして日本が韓国に身柄引き渡しを求めた朝鮮系中国人の男に対し、ソウル高裁は13年、「政治犯」と認定し、日本への引き渡しを拒否したケースがある。
 過去の例をみれば、全容疑者にとって再入国のメリットはなく、逮捕されることを前提にしていれば、事件当日、韓国に帰国する必要もない。また、再入国の際、帰国するチケットを予約していたとの情報もあり、疑問は残る。
 現地メディア関係者は「11月初めの首脳会談で改善に向かいつつあったなかで起きた事件で、韓国内では新たな火種を抱えてしまったという雰囲気があった。だが、全容疑者が日本に出国して逮捕され、いま、うまい具合に摩擦が回避されたとホッとした空気が流れている」と明かす。
 動機と再入国の経緯は取り調べを待つことになるが、朝鮮半島情勢に詳しい元公安調査庁調査第2部長の菅沼光弘氏は、「本当に個人の意志でやって来たのだとすれば、日本の警察に捕まって、裁判の場で[反日]の持論を披露することを狙っているのかもしれない」と指摘する。
 その一方で「事件は、フランス同時多発テロが発生した直後で、国際的にテロへの懸念が高まっているなかで起きた。韓国政府にとっては外交上最悪のタイミングだった。外交問題に発展させたくない韓国政府が何らかの手を打った可能性はある。再入国に政府が関与したと明らかになるのは不都合なため、個人の意志で日本に再出国したという形にしているのではないか」と分析している。(夕刊フジ 12月11日)』(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151211-00000007-ykf-int
 朴政権が犯人に日本への出頭を促したというのは、有りそうな話ではある。


 もし犯人の引き渡しを日本政府が韓国に正式に要求すれば、朴政権が、犯人引き渡しを巡って苦しい立場に追い込まれることは、誰の目にも明らかだったからだ。
 反日で固まる韓国の国民感情からすれば、この靖国爆破テロ犯は、いわゆる義士であり、靖国爆破行為は韓国人にとって正義の行為=義挙ということになる。韓国国民が日本への犯人引き渡しに激しく抵抗したであろうことは想像に難くない。
 日本から盗んだ仏像だって返すなという国民なのである。もし軽々しく靖国爆破犯人を日本へ引き渡せば、異常な反日国民感情によって朴政権が受けるダメージは計り知れないものとなったであろう。
 その一方で、韓国政府が日本への犯人引き渡しに応じなければ、韓国は国際的に見て「テロリストを匿う国=テロ支援国」のように見られる可能性があった。
 どちらにしても朴政権に大きなダメージになっていた筈だ。


 それが、犯人が日本へ来た事で簡単に解決したのだ。韓国政府が犯人に日本へ行くよう働きかけたと憶測が飛ぶのも尤もである。
 しかし、犯人が最初から自分の意思で日本へ来たという可能性も無い訳ではない。先に述べたように、靖国爆破テロは韓国では義挙になり得るので、犯人に罪の意識は乏しいと考えられる。むしろ良い事をしたと思っているかも知れない。自己顕示欲が強い人物だった場合、多くの人に自分の行為を宣伝したいと考えるだろう。
 犯人の気持ちを想像すれば、韓国で捕まり、韓国内で裁かれるのでは具合が悪いと考えた可能性がある。自国で裁かれ罰を受けるよりも、韓国の敵である日本で捕まり裁かれる方が、敵から不当な弾圧を受けた人物と言う事になり、釈放されて帰国すれば英雄扱いされる余地が大きくなる。
 韓国でリッパート米国大使を切りつけたテロリストは、それ以前に日本大使に石を投げつけるという事件を犯していたが、それ故に韓国では英雄と見做されVIP待遇されていたという事実がある。こうした反日テロリズムは、韓国の反日風土の自然な産物なのである。
 従って韓国が韓国である限り、今回の靖国爆破犯人のような反日テロリストは今後も誕生し、続々と日本にやって来るだろう。
 日本では、現在の世界で猛威を奮うイスラムテロの危険に加え、韓国・朝鮮人や中国人による反日テロの危険も極めて大きいことに、あらためて気が付くべきである。

 
イスラエル式テロ対処マニュアル    単行本>


<日本は反日テロに警戒せよ!、クリック宜しくお願いします。 m(_ _)m>

人気ブログランキングへ


(リンク)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6053.html