都知事選は陰謀茶番劇!


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!
 都知事世論調査の結果「小池氏が先行」もしくは「小池、鳥越両氏が競り合い」になっているという。
『2016年7月31日投開票の東京都知事選で、14日に告示された後の序盤戦について、メディアの世論調査結果が18日に相次いで報道された。それによると、元防衛相の小池百合子氏(64)が先行、あるいは小池氏とジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が競り合う、といった分析が多くなっている。
 小池氏が先行と報じたのは、産経、日経の両新聞とフジテレビ系ニュースで、これを鳥越氏と元総務相増田寛也氏(64)の順で追う展開だとしている。一方、小池、鳥越両氏が競り合っているとしたのは、毎日新聞共同通信とTBS系ニュースだ。増田氏はこの2人を追う展開になっているとしている。
 ただ、まだ投票先を決めていない有権者も多いといい、各メディアとも、都知事選は混戦模様で、残り2週間で情勢は変化する可能性があると指摘している。(2016/7/18 J-CASTニュース)』(http://www.j-cast.com/2016/07/18272765.html
 これは陰謀だ! 


 最初から、こうなるように仕組まれている!
 恐らく自民党分裂選挙になったのは、最初からそういうシナリオを組んでいたからだ。小池のやり方は、かつて小泉純一が「自民党をぶっこわす」と言って自民党の中に「抵抗勢力」を設定し、支持を集めた「小泉劇場」と同じやり方だ。そんな事は、自民党の首脳部は最初から分かっている。
 もともと自公は、前回の都知事選で舛添要一を推薦したことでイメージが悪くなっており、そのまま誰かを担いでも自公が負けるとの読みがあった。だから、わざと小池に推薦を出さなかった。そして対抗馬に知名度の低い勝てそうもない奴を出した!(小池を勝たせる作戦!)
 すべてヤラセだよ。
 そして恐らく、ウラでは、野党も「小池」を隠れ支持している(多分、共産党以外!)。そういうシナリオなんだよ。それが小池百合子に対し、表向き全く支持政党が無いことの真の理由と見た(日本のこころが増田支持はおかしいでしょ、どう考えてもウラがある)。本当は、共産党以外、全党が小池に隠れ相乗りしてるんだよ(連合は自主投票=民進と対応分かれる【都知事選】)。
 鳥越は当て馬として野党連合から担がれただけだ。あんなボケ爺が当選するとは、流石にアホな民進の首脳部だって、最初から誰も思っていない筈だ。それでも無理矢理に鳥越が出されたのは、石田純一や宇都宮の出馬を断念させるためだ。
 何故、政治家達は談合して、こんな陰謀を企んだか?


 それは、アメリカ大統領選挙の候補者選びで、トランプ&サンダース現象があったからだ。都知事選挙は大統領選挙に近いイメージがある。そしてアメリカで起きた現象は、日本でも起きるというのが通例である。宇都宮はサンダースになりえた。共産党候補だが、背景には草の根の民衆が付いている。宇都宮の人気はポピュリズムである。権力者達は、制御不能ポピュリズムが爆発することを恐れた。だからウラで手を結び陰謀を計画したのだ。
 それでは、もう一方のポピュリスト、トランプに成る候補者は誰だったか?
 勿論それは、事前調査でネット人気No1だった桜井誠である。
 つまり、もし本当に、日本で民主主義が機能していれば、今回の都知事選は、<桜井誠VS宇都宮>の構図で戦われる筈だったのだ!(もし田母神氏が居れば田母神VS宇都宮!)、それなら本物の民意を問う選挙になっただろう。究極のポピュリスト対決なのだから!
 そうなる展開を、既得権を抱える日本の影の権力者達は、心底から恐れたのである。それで、持って回ったやり方をして、<桜井誠VS宇都宮>の戦いになる可能性を完全に消したのだ。もし宇都宮が出馬していたら、パヨクが祭り状態になり、天敵の桜井を攻撃して桜井が目立つ可能性もあった。そうならないようにしたのだ。
 そして桜井誠はメディアが結託して取り上げない。一般人には見えなくされた。
 だから下らない選挙になったのである。
 宇都宮は既に下ろされた。今回の都知事選で与野党が隠れ談合して居ることに意義を唱える貴方が、もし東京都民であるならば、事前のネット人気No1であった桜井誠に投票するしか、もう選択肢はない!
 情報を操作する権力者に服従してはならない。この談合選挙に対し、決定的なNoを突き付けるべき!
 桜井誠に一票を!




 


<情報操作者に操作されるな!、クリック宜しくお願いします。 m(_ _)m>

人気ブログランキングへ


(リンク)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6296.html