怪しい台風ライオンロック


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!
 迷走していた台風10号(ライオンロックと名付けられた)が、27日に進路を東寄りに変え、勢力を拡大して本州接近のおそれが出てきた。
『非常に強い台風10号は、沖縄県の大東島地方の南の海上にあってほとんど停滞していて、大東島地方では高波に警戒が必要です。台風は、さらに発達しながら27日にはゆっくりと進路を東寄りに変え、その後、本州に近づくおそれがあり、気象庁は、今後の情報に注意するよう呼びかけています。
 気象庁の観測によりますと、非常に強い台風10号は26日午前6時には、沖縄県南大東島の南、およそ290キロの海上にあってほとんど停滞しています。中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。
 台風は暴風域を伴ったまま、26日夜にかけて南大東島の南の海上でほとんど停滞し、大東島地方では、非常に強い風が吹き、波の高い状態が続く見込みです。27日にかけて予想される最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、海上はうねりを伴った大しけが続く見込みです。また、台風から離れた西日本や東日本の太平洋沿岸でも、次第に波が高くなる見込みです。気象庁は、大東島地方では高波に警戒し、強風に注意するとともに、そのほかの地域でも高波に注意するよう呼びかけています。
 台風は、さらに発達しながら27日にはゆっくりと進路を東寄りに変え、その後、本州に近づくおそれがあります。気象庁は、今後の情報に注意するよう呼びかけています。(8月26日 NHKNEWSWEB)』(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160826/k10010654531000.html
 通り過ぎた。と思ったら、また戻って来るのか。。。


 何でこんな変な動きをするのかというと、27日頃から朝鮮半島方面に寒冷渦が南下し、寒冷渦南側の偏西風強風帯が東シナ海まで南下して、迷走していた台風10号を関東付近まで運ぶからだという(*台風10号の進路は?? そして12号???かな)。
 ただ、この時期に寒冷渦がここまで南下してくるのは珍しいそうだ。その珍しい現象によって、偏西風が蛇行して、ライオンロックが流されて来るのだ!
 でさ、こういう偏西風の蛇行って人為的に作れるんだよ。理論的には。
 必要なのは大量の電力であり、それを電波に変えて大気上層に当てる設備であり、それにより特定部分の大気を加熱して電離層を上昇させれば良いのだ。そうやって偏西風を蛇行させるプロセスが、下記動画で説明されている。
 ご参照あれ!




<怪しい台風に注意して!、クリック宜しくお願いします。 m(_ _)m>

人気ブログランキングへ


(リンク)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6340.html