涙ぐむなら靖国公式参拝すべき!


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!
 稲田防衛相が、民進党から戦没者を慰霊しなかったことを責められ、涙ぐむ場面が見られたという。
臨時国会は30日、論戦の舞台が衆院予算委員会に移った。民進党稲田朋美防衛相に集中的に質問を浴びせ、防衛相としての資質を問うた。審議は再三にわたって中断し、稲田氏の代わりに安倍晋三首相が答弁に立つ場面もあった。
 民進辻元清美氏が追及したのは、2011年3月号の雑誌「正論」の対談で稲田氏がした「長期的には日本独自の核保有を単なる議論や精神論ではなく国家戦略として検討すべきではないでしょうか」との発言。
 辻元氏が発言の撤回を求めると、稲田氏は「今、核保有はすべきではないと思っている」と答弁。辻元氏は「[今は必要ない]はあいまい。国際的な信用をなくす」と迫った。稲田氏は「核のない世界に向けて全力を尽くす」と繰り返し、撤回には応じなかった。
 さらに、辻元氏は「自国のために命を捧げた方に感謝の心をあらわすことができない国家であっては防衛は成り立たない」と言う稲田氏が、今年8月15日にあった政府主催の全国戦没者追悼式を欠席したことを「言行不一致」と指摘。稲田氏は「大変、残念だったと思う」と言葉を詰まらせ、涙ぐんだ。
 民進後藤祐一氏は自衛隊が国連平和維持活動(PKO)に従事する南スーダン情勢について尋ねた。首都ジュバで7月にあった銃撃戦が戦闘行為に当たるかどうかについて、「稲田氏が質問に答えていない」として繰り返し質問。答えに窮した稲田氏に代わって安倍首相が答弁に立つ一幕もあった。後藤氏は「首相が防衛相を兼ねないといけませんね」と皮肉った。(2016年9月30日 朝日新聞デジタル)』(http://www.asahi.com/articles/ASJ9Z5KJDJ9ZUTFK00Q.html
 意地悪だねー、辻元。


 辻元は、稲田を責めるならば、まずてめえが靖国参拝しろ!
 朝日によれば辻元が直接言及したのは「戦没者追悼式」への欠席の件のようだが、しかし稲田の持論は「あくまで靖国参拝」なのだから、稲田を「言行不一致」だとなじるなら、当然、稲田が靖国参拝しなかったことを暗に批判したという事になる。
 そもそも辻元は靖国参拝には反対なのだから、稲田が参拝の政治問題化を避けて8月15日に外遊した件を捉え、言行不一致だと指摘するのは意地悪もいいところなのだ。
 だから稲田も涙ぐむのではなく、意地悪女のイジメに毅然と反論したら良かった。
「辻元は靖国参拝したことがあるのか」とか「辻元は靖国参拝論者になったのか」ぐらい言えばいいのである。辻元自身がしないことで批判するのは、筋がおかしいのだから。
 しかし、だいたい稲田朋美防衛大臣になった途端、なんでこんなに「しおらしく」なったのか!、こんなキャラじゃなかったと思うが。


 今の時代、女性リーダーに求められているのは、果断な決断力と意志力であって、泣いて見せる事ではないのだ。
 稲田がもし靖国参拝していたら、やはり辻元は中国や韓国の論調を引き合いに、稲田を攻めただろう。結局、どうにでも責められるのだ。大臣とは、そういうものである。ならば、たとえ火達磨になろうとも、信念を貫くのが政治家でなければいけない。男であれ女であれ、国民が望むのは、そういう政治家なのだ。
 従って、辻元の意地悪は、実はGJだったかも。
 ようするに、稲田はこんな突っ込みを受けるくらいなら、靖国神社へ行くべきなのだ。靖国公式参拝しろ!
 政治家は地位を得ると臆病になるが、それでは駄目なのです。特に女性リーダーに求められるのは毅然とした態度。英国のテリーザ・メイ首相だって、必要があれば「核のボタンを押す」とか、物議を醸すことをハッキリ言っている(クリスチャンの英国首相、核攻撃を許可する用意があることを明言)。
 なので稲田朋美も、靖国参拝と核について信念を貫くべき。それで散っても、本望じゃないか!



<政治家は初心を貫け!、クリック宜しくお願いします。 m(_ _)m>

人気ブログランキングへ


(リンク)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6387.html