F35に空対地ミサイル搭載


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!
 日本、F35に射程300キロの空対地ミサイル搭載検討との報道。
『政府は、航空自衛隊に配備予定の最新鋭ステルス戦闘機「F35」に、遠く離れた地上の敵を攻撃できる「空対地ミサイル」を導入する方向で検討に入った。
 自衛隊への導入は初めてとなり、2018年度予算に関連経費の計上を目指している。国内の離島有事に備えるのが主目的だが、自衛のために相手国の基地などを攻撃する「敵基地攻撃能力」の保有を念頭に置いているとの見方もある。
 複数の政府関係者が明らかにした。空自のF4戦闘機の後継となるF35は米軍などが採用している。敵のレーダーに探知されにくい高度なステルス性能を持つ。空自は計42機を導入し、今年度末から三沢基地青森県)に順次配備する予定だ。このF35に導入する有力候補として検討しているのは、F35の国際共同開発に参加したノルウェーが主体となって開発中の「ジョイント・ストライク・ミサイル(JSM)」だ。海上の艦船を狙う「空対艦」とともに、空自が現在保有していない「空対地」ミサイルの能力を併せ持ち、射程は約300キロ・メートルとされている。(2017年06月26日 読売新聞)』(https://news.nifty.com/article/domestic/government/12213-20170625-50122/
 余りにも当然。これまで満足な空対地ミサイルを配備していない事が異常。


 韓国空軍は昨年、射程500キロの新型ドイツ製ステルス空対地ミサイルを実戦配備している(韓国空軍 空対地ミサイル「タウルス」を配備)。それと比べて、日本が検討中のものは200キロも射程が短い。
 もっと射程を延ばすべきだ!
 大体、日本の自衛隊は世界的に見ても軍事力が弱い。日本は半島や大陸に届く弾道ミサイルさえ1発も保有していないのだ(第9位戦力の自衛隊)。この状況は、軍事バランスが崩れていて危なすぎる。
 日本国民の多くが現状に強い不満を持っており、日本の敵基地攻撃能力拡大を望んでいる(敵基地攻撃「容認」75%超 北朝鮮が発射の具体的な構えを見せたら攻撃も30%超す)。
 日本は、ミサイルの射程をもっと延ばすべきだ!



<ミサイル戦力を充実させろ!、クリック宜しくお願いします。 m(_ _)m>

人気ブログランキングへ


(リンク)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6711.html